学生で30万円の借金をするということはとても大きなことです。

でも生活費や学費と未来を左右するのであれば、どうしても必要な額といっても仕方ないかもしれないですね。

ただし、30万円ともなるとそこら辺の消費者金融で借りることは難しいです。

借金をしてなければ周りの友人をすべて失うことになっていた

元々ギャンブル癖があったのですが、それにより知人に借金を繰り返し、その支払いで首が回らなくなったためです。

  • 食費が無い、電気水道代が払えない等の、生活が出来ないこと
  • 常に友人から催促の電話があり、申し訳なさで一杯だったこと
  • お金の心配をするばかりになり、バイトの給料日以外不安で眠れませんでした

何故ギャンブルをやってしまったんだろう、何故友人に借りてしまったのだろうと非常に後悔しました。

友人からの借金は、信用も友情も無くしてしまうのだと悔やみました。

また、常にお金の事ばかりを考え、しょっちゅうイライラしていたため、周囲の方から心配されました。

しかし、消費者金融だけは昔から悪いイメージを持っていた為、最後まで利用する気にはなれず、手をこまねいていました。

親に頼ることもできず、毎日悶々として生活していました。

そんな中、最初はあまりイメージの良くなかった消費者金融でしたが、実際に私が借りたのは少額だったため、毎月の返済も自由に自分の返せる範囲設定することが出来、しかも書月はキャンペーンで利子も無かったため、思った以上に気軽に借りる事が出来ました。

更に友人からの催促も無くなり、自分の給料で返済等も賄えるようになったため、生活も安定し、毎月の消費者金融への返済のみ考えればいいようになりました。

不安な夜もなくなり、毎日気分よく生活出来ました。

もし、借金するという手段を実行してなければ、周囲の友人が1人もいなくなっていただろうと思います。

自分のお金ではなく、信用でお金を借りるという事は、返済が遅れれば遅れるほど、また借金の回数を重ねれば重ねるほど信用を失ってしまうという事です。

なので、あのまま放置し、友人からの借金に頼る生活を続けていれば、自分の周囲には誰も残っていなかっただろうなと思います。また、お金の事ばかり考える生活を続ければ、仕事や生活にも支障をきたし、すべてがうまくいかなかっただろうなと思います。

消費者金融に悪いイメージをもっていませんか?それは大きな間違いです

やはり昔から自分が見たり聞いたりしている情報、主にマスコミやインターネットでの情報から、消費者金融自体にかなり悪いイメージがついてしまっていました。

しかし、これ以上友人から借金を繰り返す生活をしていても、消費者金融で借金をする以上の苦しみが待っていると思い、借り入れを決意しました。

また、実際にオペレーターの方に相談してみると、かなり丁寧で親切な対応をして下さり、思っていたようなダークなイメージではなく、むしろクリーンな所なのかなと安心を得ることが出来ました。

まず一番感じているのは、自分の力で自分の借金を一本にまとめる事が出来て良かったと思っている事です。

友人から借金をしていたころは、誰にどのくらい借りているのかもよくわからないよう強に陥っており、誰かから電話が来るたびに、催促の電話なのではないかとびくびく怯えていました。

しかし借金を消費者金融1社に絞ることで、返済も決まった日に決まった額、決まったところにすればいいという状態になり、不安と怯えがなくなりました。

まずは悩まず、一度相談することです。

私と同じように、誰にいくらいつ借りて、いついくら誰に返さなければならないのかと悩むよりも、自分の借金を1本化し、且つ返済も一元化してしまうのがなにより、借金生活から逃れる第一歩だと思います。

これ以上、借金で悩まない為に借金をする。これは一見矛盾しているように見えますが、実際このようにしてみると、今まで毎日悩んでおびえていた自分がバカバカしくなります。

今は消費者金融もかなりクリーンな所なので、悩まずまず一度ご相談される事をお勧めします・

友人関係を守ることができ自身のあり方について学べた借金に感謝

借金をし、毎月給料日の度に、多額ではないとはいえ自分の稼いだお金が返済に消えて行くのを見て、改めて自分が刹那的に行った事への後悔と、お金を稼ぐことの大変さを知ることが出来ました。

また、借金を少しづつ返済し、自分の身辺をクリーンな状態にすることを、目標とある意味では楽しみにして毎月を過ごしていました。

勿論借金が残ったことは悪い事ですが、そのおかげで友人関係を守ることが出来、また自分の行った事への代償を自分で返す事が出来、それが私のモチベーションにつながりました。